2013年03月18日

看護師とTPP

最近のニュースは、TPPに参加するとか…しないとか…。
「あーでもない」

「こーでもない」と騒がれていますね…。

特に、 農業や畜産業を営んでいる方にとっては、死活問題ですから。
そりゃ怒鳴りたくもなるでしょう。

私的には、本当の所…どっちでもいいかぁ… 🙄
おとなげない政治家の口げんかを見るのも…。
本心では賛成なんじゃない??
支持者に対しての…ただのパフォーマンスなんじゃないの??(こんなに頑張って頑張って反対しています的な??)
…となんだか腹黒い気持ちで見てしまうのです 😕

ホントの所どっちが正しいのか???
何て、実際に参加してみなければ、結局解りませんよね。

そんなホント他人事のように感じていたTPPですが、医療業界に大いに関係あることを知りました。
…実際、私には関係ないかぁ~…なんて思っていましたから 😳

健康保険制度の危機!!

医療危機!!

医療難民!!…なんて何とも恐ろしい言葉が並ぶ。

よくよく調べてみた。
基本的に日本の医師会は参加反対を表明している。
その理由は…

混合医療の全面解禁・外国人医師・看護師の流入・医療機関の株式会社化・国際的な医師や看護師の流動が起こり現在の医師不足・医師偏在に拍車がかかり、医療の現場の混乱や患者の負担が増えることを問題視して反対をしている。

医師会の見解をよく読んでみると…。
日本の医師の絶対数は不足していない??

…らしい。

あれ??

世の中、医師不足で騒がれていたような…(汗)

何でもドクターは、地方は不足しているけど、都市部では過剰!!

地域偏在の是正が課題!!

医学部の定員を増やすだけでは解決できない!!

今のままの制度だとTPP参加をした途端!!
日本で国内の医学部に入学する実力の無い者が、医療レベルの劣る外国の大学を卒業し、国家試験の受験資格を取得できてしまう。
=質の劣る外国人医師が誕生してしまう。
質の劣る医師が!!

賃金の安さを生かして大量に流入すれば!!

医療の質が下がる。

では??

TPP参加により看護師は??
今、日本ではEPAにより看護師の外国人看護師の受け入れが行われているけど…。
ドクターと同じように、看護師流入の自由化が起り得る。

「看護師転職、売り手市場の崩壊が…」(汗)

今の看護の質をも問われる事態に!!!

又、もう一つの問題として、営利優先の医療となる危険性…。
医療格差ももちろん起るだろうし、外国人の富裕層をねらった先進医療を提供する病院(今多いらしい)が増え、結果、受診混雑は解消されるどころか、悪化してしまうだろう。

TPPに関しては、今の表面的な報道だけただ見ているのだけではなく、、一人ひとりがじっくり考えて反対、賛成と声を挙げて行かなければならないのかもしれませんね。

 

転職サイト比較ランキング ベスト5

管理人が考える、一番おすすめの転職サイトはこちらです。

看護roo!(カンゴルー)関東・関西・東海エリア専門 この転職サイトを見る
マイナビ看護師全国の求人ならこちらがオススメ この転職サイトを見る
看護のお仕事 この転職サイトを見る
4位 ナースではたらこ この転職サイトを見る
5位 ナース人材バンク この転職サイトを見る

Leave a Reply