2012年07月30日

看護師と薬品名

 

2012年7月…日本医療機能評価機構は、類似名称の薬品の取り違いが約5年半で20件あったことを明らかにした

医療介護ニュース・参考URLhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120723-00000001-cbn-soci

間違えられた薬品は…
アルマール・現アルチノロール塩酸塩錠(不整脈剤)とアマリール錠(糖尿病用剤)
ノルバデックス錠(腫瘍薬)ノルバスク(血管拡張剤)と
チウラジール錠(抗甲状腺ホルモン剤)とチラーヂンS錠(甲状腺ホルモン剤)の三つ!!

実際に取り違えた薬品を服用してしまった患者がいたよう。
そもそもこの薬品の取り違いはドクターの入力ミスによるもの…。

大体薬品なんて似たような名前の物が多い!!(年寄りは覚えるの大変よ 😕 )

その他にも間違えやすい薬品は以下の通り…。
サクシゾン(副腎皮質ステロイド)とサクシン(筋弛緩剤)…死亡した例もある。
テオドール(気管支拡張剤)とテグレドール(抗てんかん薬)
ウテメリン(子宮運動抑制薬)とメテナリン(子宮収縮薬)…正反対!!
マイスリー(睡眠導入薬)とマイスタン(抗てんかん薬)
ジプロキサン(抗菌薬)とジプレキサ(抗精神病薬)・・

看護師は内服薬を処方しないから内服の場合のミスというのは圧倒的にドクターに多い。
しかし、看護師が緊急時に直接取り扱う事になる点滴溶剤(アンプル系ね)の場合には注意!!
緊急時は口頭指示で行われることも多い!!
又、昔はドクターの字が解読不能なんてことも多かった(今は電カルが殆どだからリスクは減ったかな??)

薬品も年々増えるし…ゾロ薬品も多いからね…
転職する際はこれまで使われていた薬品名の名称が変わっている!?
なんてことも多いから転職看護師は大変だ !! …お勉強しておきましょう 😀

転職サイト比較ランキング ベスト5

管理人が考える、一番おすすめの転職サイトはこちらです。

看護roo!(カンゴルー)関東・関西・東海エリア専門 この転職サイトを見る
マイナビ看護師全国の求人ならこちらがオススメ この転職サイトを見る
看護のお仕事 この転職サイトを見る
4位 ナースではたらこ この転職サイトを見る
5位 ナース人材バンク この転職サイトを見る

Leave a Reply