2012年09月10日

元看護師 最近の消毒について考える

 

「最近は傷に消毒はしないのよ!!」と言う看護師の友人がいる。

彼女は大きな病院の外来看護師の仕事をしている。

これまでは、傷に消毒なんてことは基本事由だった事。

しかし…最近は水で綺麗に洗い流せば、消毒は必要ないという考えを持つドクターが多いという

キズを消毒したり乾かしたりすると、キズを治そうとがんばっている細胞が死ぬ…

これは知っています。

だから何年か前からは、「乾燥ではなく湿潤

元々、デクビも消毒せず、湿潤…(消毒・乾燥やっていたら大変です 😆 )

昔は…取りあえず傷を見たらヒビテンとかイソジン(創によって対処は異なりますけど)を使っていました。

しかし…最近はナート部も消毒はしない方が良い!!

実際に実験をしたドクターがいた!!

自ら傷を作り、消毒した方と水洗いをした傷の治癒経過を見た。

…予想が付く様に消毒して乾燥させた傷の方が治癒が遅く(跡も残る)

水洗いをして、湿潤させた方が皮膚が綺麗で治癒も早かった。

結局のところ余計なことはしない方が良い。

しかも…例え膿んで状態でも消毒はしない!!(オペ後は別よ!!)

意味がないらしい。

しかし…。

これだけ看護師が知識を持っていても、まだいるんです。

傷=消毒」のドクターが…

これはいたたまれません。

是非!!教えて差し上げましょう。

実際いたからね…。

ディオアクティブを貼っているのに、毎日消毒して新しいディオアクティブに張り替えるドクター

《意味~なーい!!》

教えてあげて、怒られるドクターなら能力・知識・向上心なしと判断して転職を考えるべきです。

医学は日々進歩していますからからね…

昨日していたことが全く覆される世の中ですから。

新しい情報は常に耳を傾けていないと転職先で思わぬをかくことも…。私か 😉

転職サイト比較ランキング ベスト5

管理人が考える、一番おすすめの転職サイトはこちらです。

看護roo!(カンゴルー)関東・関西・東海エリア専門 この転職サイトを見る
マイナビ看護師全国の求人ならこちらがオススメ この転職サイトを見る
看護のお仕事 この転職サイトを見る
4位 ナースではたらこ この転職サイトを見る
5位 ナース人材バンク この転職サイトを見る

Leave a Reply