2012年09月24日

元看護師!!薬の危険性を考える

と言うのはとても怖いものだ…。
看護師と言う職業柄、薬品については素人と比べ物にならないほど知識を持っていると言える。
まぁ…実際は薬剤師や、ドクターには敵わないところがありますがね 🙁
しかし、最近の薬局では多種多様の薬を簡単に手に入れる事が出来ます
これは…便利なようであって実はとても怖い事!!と感じるのは元看護師だからでしょうか??

最近は、薬局で手に入る鎮痛剤・咳止め・風邪薬の服用をきっかけに薬物依存に陥る人もいると言う。
中でも咳止めは以前から常習性が付くと言うイワクつきで有名ではないでしょうか。
特に咳止めシロップ!!
…コデインリン酸塩等が含有されていて、長期使用により薬物依存を招く危険性があるとして特に有名です。

病院に就職していた時にも市販の風邪薬を1瓶服用し
薬物中毒で救急搬送されてきた患者さんは決して珍しい事ではありませんでした。
更には、眠剤…。
市販薬を自殺目的で、1箱服用し救急搬送される患者さんを対応した事があります。
市販薬は1ケース・一瓶服用したからと言ってまず死ぬことは出来ません。
当然…そんな薬を売ったりはしないでしょうしね 😕
出来ないからこそ服用した後の代償は重いのです :cry:…数日ものすごく苦しい思いをします。

私が今回、この薬ネタにした理由は…
子供がちょっとの咳や熱ですぐに病院に掛る親に対しての提言だ

勿論、初めての子で不安になるのは解りますよ!!
子供の辛い顔を見れば、何とかしてあげたい!!と思うのは当然です。

当然、病院に掛れば、何かしらの薬が処方されるでしょう。
しかし…風邪って特効薬があるわけではない!!
対処療法しかないのだ!!

咳が出れば、咳止めを!
痰が絡めば去たん剤を!
熱が出れば解熱剤を!

それも症状を緩和するだけというもので風邪そのものを治す訳ではないのですから…。

子供を持つご両親に問いたい!!
本当に今のお子さんの状態に薬は必要ですか??

元々は風邪は自然に治るもの……肺炎などを合併すれば別ですけどね!!

だから現代の若い世代の親御さんに、疾患・薬に対しての正しい知識が必要だと私は思うのです 😐
これはただの看護師の持論なのでしょうか??

転職サイト比較ランキング ベスト5

管理人が考える、一番おすすめの転職サイトはこちらです。

看護roo!(カンゴルー)関東・関西・東海エリア専門 この転職サイトを見る
マイナビ看護師全国の求人ならこちらがオススメ この転職サイトを見る
看護のお仕事 この転職サイトを見る
4位 ナースではたらこ この転職サイトを見る
5位 ナース人材バンク この転職サイトを見る

Leave a Reply