2013年03月04日

元看護師から見た患者のたらい回し

《今年1月、埼玉県で一人暮らしをしている76歳の男性が呼吸苦で119番通報。
しかし、「ベットが満床」「処置・オペ中」「専門医の不在」・・等の理由で、県内外の25病院から計36回、救急受け入れを断られる。
最終的に茨城県の病院に搬送されたが、通報から約3時間後、到着した病院で死亡したことが分かった。》

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130305-00000038-mai-soci より要約

また起こってしまいましたね…。
患者のたらい回し。

元医療関係者としてもホントに何とかならなかったものかと憤りを感じます。
このような事が起こると、病院側の不備のように見られてしまうのが世の常です。
しかし、これは何も病院側だけの責任ではないような気がしますよね。

現に埼玉県の人口に当たるドクターの数は全国最下位…結局医師不足
それに加え、ベッドが空いていなければ入院させることは出来ない。
ドクターがいないのであれば、対応できない。
他の救急の処置をしていれば、やはり受け入れるのは難しいでしょうし…。
例えドクターがいたとしても…やはり「餅は餅屋

眼科や形成のドクターでは、専門的な診断をすることは難しいでしょうからね。
実際に、専門外の患者を処置して、患者に訴訟を起こされ、損害賠償命令が出たなんて判例もありますから。
ドクターは尚更慎重になるでしょうね。

所が…一般の人達からすると…医者は医者だろうという目で見てしまいますから。
ホント医者なら何でも見られるだろうと思い込んでいる患者も多いですからなかなか難しいものです。

特に夜間は人がいない!!
私も救急病院で仕事をしていた経験がありますが、ドクター一人、看護師二人体制で、夜間救急を乗り越えるのですから…。
それは目まぐるしい様な忙しさ。
前に在籍していた病院では、入院患者も当直ドクターが見ていました。
だから、ドクターは一晩中…病棟や外来に行ったり来たりしていて、仮眠時間は殆ど有りませんでしたし。

それで、翌日は普通に日勤勤務するのですから(夜勤看護師は明けで帰れるけど)
ホント大変なお仕事ですよ 🙁

総務省によると、2011年医療機関が重症患者の受け入れを3回以上拒否したケースは1万7281回。
実際に受け入れを拒否されて死亡したケースも起きている。

このような状態は、いつまで繰り返すのでしょうかね…。

転職サイト比較ランキング ベスト5

管理人が考える、一番おすすめの転職サイトはこちらです。

看護roo!(カンゴルー)関東・関西・東海エリア専門 この転職サイトを見る
マイナビ看護師全国の求人ならこちらがオススメ この転職サイトを見る
看護のお仕事 この転職サイトを見る
4位 ナースではたらこ この転職サイトを見る
5位 ナース人材バンク この転職サイトを見る

Leave a Reply